岡山桃太郎鯉
〒709-2112 岡山県岡山市北区御津国ヶ原110-1
TEL:086-724-1101




桃太郎鯉が保有する設備の紹介です。
動画でご覧いただけます。



優秀な親鯉より子取りを重ねこの度規模拡張により、1200万の毛仔を放養しました。



桃太郎鯉を育てた餌、設備の販売です。インターネットで購入できます。



会社情報です。岡山桃太郎鯉はこんなとこ ろです。お問い合わせもお気軽に。



お越しの際は、こちらの地図を参考にしてください。



通信販売に必要な表記です。ご利用になる方は、はじめにお読みください。



海外向けのホームページです。内容はほとんど同じです。




 

業界初の1500tハウス池(最深部3.6m)を1993年3月に完成させて、ちょうど9年目になるが、その後も設備拡張を計り、1997年1月には500t池(水深2.5m)二面のハウスも完成させた。
そして、展示販売を目的としたハウス池が、1999年11月にオープン。
それと並行して、稚魚池面積も年々拡張してきたが、このたび立て鯉用(600坪=水深70cm)が18面の増設工事が完了した。
それぞれ共用できる構造になっているが、地底はシートを張って、その上に掘り起こした土を約40cmの厚みで敷いてある。ユニークなのは底面が傾斜になっており、パイプを抜くと外側の溜め升に水と共に稚魚郡を網の中に集められるように設計されている。
と言うことは、池揚げ時に数人掛りで網を引くこともなく、時間の短縮ともなるグッドアイディアと言えそう。

■稚魚池
飼育技術で高く評価を頂いていますが、10年ほど前から生産にも力を入れ稚魚池を設立し、これまでにも国魚賞などすばらしい賞に輝いた鯉を数多く生産して”桃太郎鯉”として多くの愛好家の皆さんに高く評価を頂いてきました。
更に今年2002年3月新たに稚魚池を増やしました。従来の稚魚池は150坪×2池、200坪×13池、400坪×7池ですが新たに300坪×18池、600坪×4池を増やしました。
1200万匹収容できる設備も設けました。さらにその隣にも1000坪×2池の人口池もあります。

■当才ハウス
稚魚池から厳しい選別の上、選ばれた鯉が次に飼育されるコンクリート池です。20トン×22池、10トン×4池があります。この当才ハウスに揚げられてからも更に選別があります。9月の販売開始まで、幾度となく選別が繰り返され厳選された鯉だけを販売していきます。

■500トンハウス池
1997年1月に2つの500トン池が完成しました。
この500トン池は1500トン池同様、親鯉、大型鯉を主として飼育しています。10年程前から生産に力を入れ、それ以来数多くの経験から”出来る限り親鯉は
いいものを”使う為、親鯉の飼育に力をいれています。その証拠にこれまでにも、数度、現役の全体総合の鯉を親鯉に使っています。

■1500トンハウス池
岡山桃太郎鯉と言えば1500トンのコンクリート池。飼育技術で、多くの業者や愛好家の皆様に高い評価を頂いている桃太郎鯉のなかでも、もっとも注目を集めそれ以上の結果を出し続けているのがこの1500トン池です。
1993年3月に作られそれ以後数多くの鯉を品
評会で、入賞へと導きました。全国の品評会でも国魚賞などすばらしい賞を多数取得しました。その中でも、特に9年間で8度もの全国大会での全体総合優勝を獲得しています。2002年1月には、101cmの大正三色で歴史上初の1メートルオーバーの鯉で全体総合優勝を勝ち取り、「新時代の幕開け」と高い評価を頂きました。

■展示ハウス
平成11年に展示販売を目的としてつくられました。
このハウスには100トン池が3池、25トン池が6池、10トン池が8池あり2才魚から6歳魚の鯉の展示販売を主としています。

■新当才ハウス
2004年秋に完成した”新当才ハウスです。主に秋に揚ってくる当才魚を飼育します。
このハウス池も曝気シャワーのみの池です。

■新ハウス
2003年秋に完成したハウスです。主に4月からの生産シーズンは産卵池、9月からの販売シーズンはオークションでしようしています。
った掃除をする必要がありません。
このハウス池は数年に渡り様々な試験を経て完成した従来の濾過槽を省いた、曝気シャワーのみの池です。
愛好家の皆様のお役に立てるように研究して作った新しいタイプの池です。従来の濾過槽を取り除いているため、濾過槽の掃除をする必要がありません。
オリジナルの”曝気シャワー”のみで水を濾過していきます。曝気シャワーは洗う必要がないので、今まで大変だった掃除をする必要がありません。

オス池ハウス
2004年に完成した”オス池ハウス”です。
この池も全て新しいタイプで曝シャワーのみで水を濾過しています。
主にオス親や品質の高いオスを飼育しています。



(c)Copyright Okayama Momotaro-koi farm All right reserved. mail info@momotaro-koi.org